MENU

股の臭い対策で実は注意すべき点とは?!

臭いに悶絶する女性

 

トイレに入り下着を下ろすとツーンと股から臭い臭いが
上がってきたなんて経験はありませんか?

 

もしかして周りにも臭っていないかハラハラしてしまう、
何かいい対策法はないのか。

 

それを探すべく、股の臭いの原因に迫っていきましょう。

 

股の臭いは季節や、女性の場合はホルモンのバランスによっても変わってきます。

 

夏場は大量の汗をかき、雑菌が繁殖し悪臭を放ちます。
冬場はあまり汗をかかないように思われますが、厚着や衣服の素材のせいで
密閉され適度な温度と適度な湿気で菌が繁殖し、これもまた独特な悪臭を放ちます。

 

そして女性は月経前になるとホルモンの関係からおりものの臭いが強くなります。

 

女性の月経による股の臭いは食生活や生活習慣を整え
ホルモンバランスの状態を良くしておくことで対策できます。

 

次に、股の臭いの元になるのは菌の排出物です。

 

ただこれは、全ての菌が臭いの原因かというと、それは間違いです。
じつは、肌の上にも善玉菌や悪玉菌が存在します。

 

善玉菌(表皮ブドウ球菌)が常在菌として優勢な場合は、
皮脂や汗をエサにし弱酸性の脂肪酸を出し皮膚を酸性に保ちます。

 

そのお陰で悪臭を放つ雑菌などが繁殖できず、
股の臭いを抑えることができます。

 

その為に皮膚の善玉菌には元気で居てもらわなければならないのですが、
どういった対策をすれば良いのでしょうか。

 

それはただ1つ、洗いすぎないということです。

 

臭いが気になる余り、強い洗剤を使い擦り落とす事で表皮に居た
善玉菌達が洗い流され皮膚に傷がつき、
そこに悪玉菌が集まり繁殖し始めるのです。

 

きれいになりたい、臭いを落としたいが為にしていた対策が、
実は逆に臭いを作り出していたとは本末転倒!

 

正しい知識を身に付け、正しい対策をする事で股の嫌な臭いから開放されましょう。

 

>>>股の臭いを本格的に対策!フロプリーの詳細はコチラ

 

このページの先頭へ